緑のふんすい

緑のふんすい

緑のふんすい

eBook - 2015 | Japanese
Rate this:
シリーズ206番目の詩集。本詩集では絵も著者が描いている意欲作です。数ある詩の中でも3章 短い詩 はある名詞や動詞などに対して12行の少ない言葉で表現しているがどれも深く心に響く納得の詩ばかりです。◆もくじ◆I 緑のふんすい 緑のふんすい ひかり感じたら ぴかぴかの はる ここですよ はるだもん ふしぎなパン 春になったね 春のグラス 春になるII 雨のプリズム 雨のプリズム 太陽 鳥 花 一まいの葉っぱ 朝つゆ 朝は いそがなくちゃ はじめて あめ あめ 雨が すきなもの いち たす に いす いつまでも あかり 冬のしずく 冬の山 なりたいなIII 短い詩 あける 根のこと むかでのたいそう もの 梅 雨の日 朝の風 かげ 杉の木 秋 ぽけっと あたまのなか バナナ ゆめIV 風さん 声 風さんが来た ちゃんとわかっている 雪の散 海を渡る おっきい ゆれるせなかあとがき
Publisher: 2015
Characteristics: 1 online resource

Opinion

From the critics


Community Activity

Comment

Add a Comment

There are no comments for this title yet.

Age

Add Age Suitability

There are no ages for this title yet.

Summary

Add a Summary

There are no summaries for this title yet.

Notices

Add Notices

There are no notices for this title yet.

Quotes

Add a Quote

There are no quotes for this title yet.

Explore Further

Subject Headings

  Loading...

Find it at DCPL

  Loading...
[]
[]
To Top