人形佐七捕物帳十

人形佐七捕物帳十

本編

eBook - 2015 | Japanese
Rate this:
遊び人の紋次の話では夕べお蝶という葉茶屋の娘から道々聞いたとおり三味線堀のそばに雪だるまがあったという。ところがその目が鬼火みたいに光り近づくと雪だるまの胸に銀のかんざしが刺さっていた。紋次がそれを抜こうとすると何者かに突き飛ばされて雪だるまのなかへ頭から突っ込んだ。気づいたときにはかんざしはなくなりくせ者の姿もなかったと...その紋次がお蝶をかんざしでえぐり殺した下手人として御用聞きに挙げられてしまう...この 雪だるまの のほか 猫屋敷 蛇使い浪人 狐の裁判 どくろ祝言 黒蝶呪縛 の6編を収。
Publisher: Tokyo : グーテンベルク21, 2015
Characteristics: 1 online resource

Opinion

From the critics


Community Activity

Comment

Add a Comment

There are no comments for this title yet.

Age

Add Age Suitability

There are no ages for this title yet.

Summary

Add a Summary

There are no summaries for this title yet.

Notices

Add Notices

There are no notices for this title yet.

Quotes

Add a Quote

There are no quotes for this title yet.

Explore Further

Subject Headings

  Loading...

Find it at DCPL

  Loading...
[]
[]
To Top